2018/08/24

至福の時間






 至福の時間というのはたまにはある物で、美味しいものを食べたり飲んだり、好きな音楽を聴いたり。
写真はjames white の apple & summer berriesという瓶詰のジュース。随分前に通りがかった店で偶然買ったのが床下収納で消費期限切れのままほったらかしにされていたそれを、夏は保存食整理の季節という事で飲んだらこれがとっても美味しかった。2年間で熟成したのだろうか? ワインみたいに?


今年は始まってからずっと締め切りに追われる毎日で、カレンダーに予定を書き込んで楽しみにしていたコンサートも行くことが出来なかった。これは大変残念に思った。
自営業というと時間が自由になりそうなものだけど、なかなか上手く行かないものだ。

代わりとは言えないけれどしかし、自宅だと仕事中に好きな音楽を聴けるのは良いと思う。聴くも聴かないも自由だし、聴くにしても自分で曲が選択できる自由があるのがいい。

 よくスーパーとかで、有線放送の音楽が流れているけれど、あれを一日中聴かされていたらたまらないと思う。無難な曲でも長時間は嫌だし、嫌いな曲だともう大変な苦痛だ。
私が以前勤めていた会社では、仕事中寂しいからとかで社長が有線放送を入れたのだけど、選択されるチャンネルが「童謡アレンジ」で、あれは全くもってたまらなかった。脳細胞がスルメイカみたく干されて非可逆的なダメージを受ける様子が手に取るように感じられた。(「童謡アレンジ」チャンネルをご存知ない方に説明すると、スーパーBIGで流れている店内BGMです)

それに比べると、今の自分の仕事環境は控えめに言っても天国で、死ぬ前に来られて良かったと思っている。
この間はYoutubeで昔のライブ映像を見つけてた。young marble giantsの80年代のライブらしい。これはイイ。