2018/09/03

お台場に行ったら何かいた





 母方の実家が船橋に有る関係で帰省の際レインボーブリッジを通るのだけど、お台場を見るその度にあそこは綺麗だね一度行ってみたいねと、言われ続けていた。
という事で家族全員の予定が揃った夏休み、光と幻想のお台場に出かけて来た。

 雨がちな曇り空の中、上手さと下手さが入り混じるビーチバレーとベンチに座る何もしゃべらないカップルと、あと水面から跳ねるボラを眺めながら思い出した。随分前にもここ来たよあれは確か小学生の夏休み、その頃のここには船の科学館以外には何も無くて(もちろん大砲の台座は有ったけど) 海に大量に浮かんだクラゲがやけに印象に残る、そんな場所だった気がする。

今は綺麗な砂浜が出来たりビルや商業施設が出来たりして、ここも随分変わったなと思った。今お台場と言えば観光地だ。

でも、遊んでいた子供たちがクラゲを見つけて騒いだりそのクラゲに砂を投げつけたりしているのを見ながら、彼らも今日の事で覚えているのはあのクラゲなんだろうなとも思った。
後々覚えている事って、重要な事ではなく本当にどうでもいい小さな事だったりする。